2013年10月31日

緊急事態3.. NAS再興七転八倒のフィナーレへ




ここで言いたいことは.. 主語は.. あたい

感動のフィナーレ.. ブログ的には今日が一番のお値打ちネタ


三日目です。
ながら修復..
復旧ソフトも買った.. OK
救出置場用HDDもアマゾンでオーダーした.. OK

まずは、仕事ファイル回収せねば.. OK
そして音楽ファイル.. 「ぎゃーん きゅーん くぅー きゅーん くぅー がが..」 Orz...


(^_^)/




medium_417932357.jpg

photo credit: Julian Turner via photopin cc



●●●

Disqus

続きを読む...


posted by ミリ・アクーニャ at 23:45 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

緊急事態2.. NASの中身はなじみのない感じで壊れているみたい




ここで言いたいことは.. 主語は.. あたい

業者の思う壺だぜ..


まだ完全にわかったわけでもないですが、仕事の加減で一日おいてのながら修復二日目です。
てっきりLinuxのフォーマットEXTだと思ってばらしたハードディスクをLinuxのマシンにUSBで接続..
うむ.. 無反応やん。ディスクインフォメーションを見るとxfs..

あれ? そーいやなんかそんな形式選択したような気が..
だいたいこのLinuxでXFSマウントしたりちぇけらできるの?..

そんな訳で最新きのっぴー焼こう..

きのっぴーとは..
Linuxをブートディスクから使えてインストールせなあかん手間を省いてくれる憎いヤツ..
そしてGUIで操作できるライブDVDなのだ。


(^_^)/



medium_2925037192.jpg

photo credit: Nils Geylen via photopin cc



●●●

Disqus


続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 23:45 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

緊急事態.. NASが壊れる。1年ちょっとのお命でございました。




ここで言いたいことは.. 主語は.. あたいたち

NAS24時間運用は多分必要ない。


突然の不幸だった。というより現在進行形復旧になるか、廃棄になるか、レポートします。
これのお陰でブログ書けなかった。
主にミュージック・サーバーとして使っていました。
仕事のモノはローカルLANなのに、ゴージャスに個人趣味的なモノはロケフリ的で、さらに眠らない運用だった。
出先からアクセスして音楽を聴いたり.. 「必要あったのかよ?」それなりに..

(^_^)/




medium_3163954667.jpg

photo credit: Scoobay via photopin cc





●●●

Disqus

続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 23:45 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

そもそも、「考えること.. 」を考える能力があるのか?.. そこから気がかりですね。




マーティン・セリグマン先生の
オプティミストはなぜ成功するか


自力で、ふさぎ込む人生から脱出したい時に、そっと役に立つ.. 本


世界の中心的な役割を果たしていると評価されている。
心理学のドまん中な先生です。


このヒトからの影響をモロに受けているあたいは人生観そのものも教えてもらった気持ちさえしています。
そして本著は”こっちの方が人生いいんじゃない。”というものから、”そう考えないと自殺しますよ。”という緊急の場合まで網羅されています。

精神医療の現場で議論を積み重ねられてきた、精神障害の治療という凄みのある内容も触れられています。


 (^_^)/



medium_2249637201.jpg

photo credit: ToniVC via photopin cc








●●●

Disqus


続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 21:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

いくら何でもビジネス書の内容が漫画なんて.. アメリカ政府の側面を支えたヒトが言うならホントなの?




ダニエル・ピンク氏
ジョニー・ブンコの冒険 デキるやつに生まれかわる6つのレッスン


没頭できる何かを得たい時に、そっと役に立つ.. 本

作家..
思想家..
スピーチ・ライター..
法学博士..
いろいろな顔をもつ男。
お話しはうまそうですよ。


政治的な発言も多く、今の社会を補足する概念を提唱しておられます。
そして、個人はどう考え行動するのか..
どんな考えで取り組む個人が企業を支え国家の礎となるか..

本人は確固たる意志があるようです。
個人が楽しめる。その事がいろいろなイノベーションを生むというのです。


 (^_^)/




jbdanierupinnkunohonn.jpg

アメリカ版.. まぢでって感じですね。









●●●

Disqus


続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 23:45 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

グズはあたい特有の現象でもなかったが.. すっげー手強い。




ピアーズ・スティール先生のヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか


なかなか行動しない重たいお尻の時に、そっと役に立つ.. 本


すぐにアクションしますか?
これはあたいの永遠のテーマは。
後先考えず行動する.. それがすっかり怖じ気づきなにもしない..
極端なんだよ..

読んでみると..実にオモ白い。
世界の第一人者の研究もインクルードされ分析がなされている。

メタ分析という手法。膨大な資料から鳴子の本は巻末の出典元リストを見ただけでその熱意が伝わる。



 (^_^)/



medium_3598325560.jpg

photo credit: photophilde via photopin cc







●●●

Disqus

続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 23:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

ピンポン・ダッシュな感じにしか思えないのですが.. あたいが異常?



ここで言いたいことは.. 主語は.. ツイッターの民たち

挨拶の投げ込みにリプライに.. そんな日々の掟か何かあるのか?




案外たくさんおられるんだ。朝のおはようの挨拶..
といってもタイムラインの空中に投げてツイットされる..
感じじゃないですよ.. 特定多数や不特定多数に一括りにとか、特定メンションで挨拶リプライを投げ込む。 ..ほぼ毎日。

気に入らないということでもないですし..

タイムラインを見てないときに.. 置いていってもらっても、心苦しいですが見た時には昼過ぎだったり..
以前なんかは.. お昼の挨拶がすでにあったり..
投げ込まれても.. 何もできないのです。タイミング遅くなりすぎてて..

すまん.. そんなペースにあわせられない。


(^_^)/




medium_353881627.jpg

photo credit: Luz Adriana Villa A. via photopin cc



●●●

Disqus


続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 23:45 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

案外つぶやいてる感じほど ペシミストでもないんだけど..




ここで言いたいことは.. 主語は.. あたいたち

「ポジティブな発言が求められてる。」って言われても.. ヒトリゴトもあるし。


知人がブログを休憩してる。
このブログ見てくれているわけではないがw
あたいはウォッチしている。

知人と言ってもSNS上だけのやりとりのみ。
もちろん仮装な感じで、リアルにコミットしている訳でもない。

事情があって、”はっぴー”なモノが書けないという理由です。
インセンティブ的なモノでなく、モティベーション的な問題。

まじめだなぁ..

ヒトのコメントはオプティミストな様子が好まれるから?


(^_^)/



medium_235551345.jpg

photo credit: Stewf via photopin cc




●●●

Disqus

続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 23:30 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

毎日新聞社は社の根幹に関わった 西山事件について何故もっと総括しないのか..





西山太吉氏の沖縄密約―「情報犯罪」と日米同盟



政治家や官僚の資質に疑問をもった時に、そっと役に立つ.. 本




小室先生はきっと、「密約があってもなんの問題があるのか?」とお答えになりそう。
ジャーナリストというお仕事は本当に難しい。

本著の内容は機密と言われた内容に触れられています。
「沖縄返還は大枚も使い、いろんな注文を聞くことでなされた。」ということ。
西山氏の意見は、それが重大な国家犯罪であると言うことなんです。

確かに、法規範を考えるとかなりの問題。

国家の命運を左右する事案。
自らの今後をを省みず勇敢にその事を、成し遂げたようにしか、私には思えないのです。


 (^_^)/








medium_7686171668.jpg

photo credit: #PACOM via photopin cc



●●●



Disqus

続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 20:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。