2013年06月30日

AOR 上品な感じのロック そんなのお嫌いですか?



Steely Danにハマった。
そして活動休止。その時にレコードが出たのですよw
ドナルド・フェイゲン 今ではAORの権化みたいに言われてますけれども..
ほんとよく聴きます。

I.G.Y

なんとなく南の島ビートが染みこんでくるんですよ





Disqus

続きを読む...


posted by ミリ・アクーニャ at 23:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

サンデルの政治哲学 コミュニタリアニズムの研究



小林先生のサンデル研究とでも言えばいいのでしょうか?
長い交流があるからこそ理解し解説ができる部分もあり、
”これからの「正義」の話をしよう”のことのみならず、他のサンデル著書も引用してさらに解説がなされています。

議論の中心になる紐解き方がわかりやすく、

”異なる哲学的な立場からの意見を対比させながらサンデルの講義は展開していく..”
”これまで言及してきたリバタリアニズム、ネオ・リベラリズム、リベラリズムについて、本書における..”

というような、本書の意味合いなどときちんと折り合いがつけられるような配慮がなされている。

先生やさしw、


サンデル ハーバード白熱教室 ウチの先生には 政治哲学 持っててもらわないと..
http://mlalog.seesaa.net/article/367686238.html





Disqus

続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 22:15 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

サンデル ハーバード白熱教室 ウチの先生には 政治哲学 持っててもらわないと..




”強欲は国家が抑え込むべき悪徳だという判断に基づいている。”
”なにが美徳でなにが悪徳かを判断するのは誰なのだろうか。”
”多元的な社会の市民はそうしたことに反対するのではないだろうか。”


そんな問いかけから..国家というモノを考える。
サンデル自身はコミュニタリアニズムな世界を希望している。
政治哲学、社会の根幹をなす考え方の判断基準
ウチの先生も持ってるのかな..w お金の事で手一杯かもね (^_^;)





Disqus

続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 19:45 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

私的な記録



ブログについてのなんの態度系エクスキューズもなく、しれーっと更新しておりますがw..
おぼろげながら、取説的なお話しをw (^^ゞ

2013-06-24_213156.JPG



図はマインド・マッパーな感じの書き足したスケルトンです。
2つのカテゴリ
随・音
まだどうかわかりませんがw、一つは、私的なノート。最初の読者は私系の書物とでも考えていただければ。そしてもう一つは、また少し話すであろうw音物


Disqus


続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 19:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

若いヤツはまだまだですかね..



みんな社交的なんだよね。キューバのひとたちはw..
そしてミデアムスローなラテンのリズムに心地よさを感じながら、キューバの街並みがながれる

そして老ミュージシャンの円熟のある音楽の魅力を観ることになる


キューバ音楽は実に奥が深いですよね。こんな環境から世界的に影響を及ぼすような上質なモノが生み出されていくんだ。




Disqus

続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 19:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

出エジプト記の真実



”モーセは新たな民族とするためにこの人びとを選んだ。”

エジプトにおける宗教的な不自由を解決するためにそれらを選んだのか?

"もし、モーセが王家出身でないならば、この伝説は、彼に英雄の刻印を押すことができまい”
”もし彼がはじめからずっとユダヤ人の子供であるならば、この伝説は、彼を崇高な存在にするような動きをなにひとつしていないだろう”


聖書に登場するモーセ。ユダヤの民レビ族の子。ユダヤの民をエジプトから脱出させた。

エジプトで殺されそうになった赤子がナイル川へ.. そして王女が拾い上げる。
そして成長したモーセに神は命じた。ユダヤの民を約束の地へと..


フロイトは、モーセはエジプト人だったんじゃないの?
約束の地のこと?.. 神がユダヤの民を選んだのではなく、モーセが選らんだんだよ.. 「え゛!」 (; ̄O ̄)

そんな主張をするフロイト..びっくりです。自身がアッシュケナージであるにもかかわらず..
まそら.. 精神科医としては著名ですけれども.. 





Disqus

続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 19:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

耐震偽装 独りの男の数値の書換からはじまる



"大臣認定構造計算プログラムが、もともと運用される過程で容易に偽装もしくは改竄できるレベル..”
”日本建築構造技術者協会などが問題提起していたにもかかわらず、それを国が無視してきたことにある。”

耐震偽装事件で渦中にあって、その創業した会社の運命も同時に翻弄される。
イーホームズの確認検査業務上の過失責任は、全ての裁判において一切なしとして結審している。
だとしたら国が確認検査機関の取り消しをしたのはなんだったんだろうか?

私はそんな切り口で読み進めました。
おかみって、そんなもの?
など、その後の発覚した同様であるはずの”耐震偽装事件”の結末も鑑みてみると、やるせないんですよね。





Disqus

続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

濃厚なペーストにやられちゃいましたw..



ここで言いたいことは

思わぬフレンチレストランで、鮎の旨さを味わい度肝を抜かれました。



”鮎のどの部分が一番美味かと言えば、はらわたを持った部分である。”

北大路魯山人の言葉。ええ..わかってましたともw
塩焼きとか水辺の住人なので、他県にお住まいの方よりは機会もありますし..

それでも強烈なインパクトでありました。
フレンチ仕立てのオードブルの中に..その濃厚な一品がw
案外、鮎食べに行ったんじゃないからかなw


2013-06-20_192436.jpg



Disqus

続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 19:30 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

福島第一潜入



”なにも特別なことじゃない。どでかい公共工事小さい街にやってくる。言ってみりゃ、ただそれだけのこと。”
”こんなちいっちゃい街、役場に就職するか郵便局に勤めるか、田畑耕すか、魚獲るか。”
”東日本の暴力団は西と比較し、反権力じゃなく親権力という意味である。”

何も特別なことでもない。
巨大利権の中身なんでしょうか?
ただ、普通に作業員として働いている。そんな人らとともに著者は汗を流しいろいろな思いを語り合いながら働きルポにまとめている。





Disqus

続きを読む...
posted by ミリ・アクーニャ at 18:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。